この人ホントに大丈夫?
こんな人が書いてますよ

青木ソラ

  • Author:青木ソラ
  • ヅラかぶって
    衣装着たりしてます
    たまに。

    テニプリ大好き!
    常勝!立海大!
    赤也!!!!!!

    キャラメル味を好む
    めちゃ/イケが大好き

    お写真はこちら
    アーカイブ
    cure


    一言はこちらにどうぞ。
    mail form

カウントダウン


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリー

リンク

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲TOP
れぽではない。
横浜お疲れ様でした。

というかね。ライブってホント疲れるね。
100曲も2回連続で疲労困憊だったけれどもさ、
今回も満身創痍的なね、1公演1公演終わった後の
あの疲労感ったらないね。
2時間たちっぱでHP0でも、始まったら全力で楽しんじゃうからね。
今回はヒールじゃないのに足の裏は痛かったよ…

でも、

全力で疲れた=全力で楽しんだ

って事だからね。
ホント今回は悔いの残らない形で終われました。
数日後の神戸も惜しいと思わないくらいに楽しんできました!!!


この前↓に更新した23:03まではね。


帰りのバス!!!!!(怒)

というか横浜から乗るバスは私にとって鬼門らしい。
100曲もみんなと別れてバス乗り場に向かう途中で
100曲の時は前日にこっぷれやったからでっかいカートを持っていて
そんなでっかいカートをごろごろ引きずって疲れきった私に声をかける兄ちゃん。

頼 む か ら 空 気 を 読 ん で く れ

ってなことがあってな。


今回は↑の事があった場所の近くの公衆トイレ。
先に用を済ませてらんきたんをトイレの前で待っていたら
男性用から用を済ませて出てきた兄ちゃん。
私の前を通りすぎるその瞬間

「オレのチ○コ見たい?」

と、言い捨てていきやがりましたよ。

だ っ た ら 見 せ ろ や !

いやいやいやいやいや冗談だけれどもね。




この後のエピソードは書いてて言葉が悪くなってしまった箇所があるので格納。















↑のはまぁ、どうでもよくて、バスね。
最初私もらんきたんも全く気がつかなかったんだけど、バスが発車して少し経ってから
私らの後ろの席から「大丈夫ですか?」とか聞こえ始めて、
その声の女性が前方にいる乗務員さん①を呼び出してね。

どうやらその女性の隣の人がグロッキーになっていたらしく、
すでに嘔吐済の袋とかを乗務員さん①が回収してたり
助けを呼んだ女性は前方座席の空いたところに移動して私らの後ろにグロッキーな女性を一人残して
その場は終わったわけですよ。


しばらくすると後ろからうめき声…
振り返ってもグロッキーな人は死体のような顔で寝てて、でもどんどんうめき声がエスカレートしていって
ついにはうめき声とかじゃなくて何かしらのフラッシュバックでも起こしてるのか変な事しゃべりだしてね。
痙攣に似た何かも併発してて前の私らの席にがんがん足をぶつけてきだして
通路挟んでその人の隣の人とも「こりゃやべぇよ」って事になって乗務員さん①にもう一度言いにいったら
今度は急遽バスをSAで止めてくれたんだよ。

バスを止めて乗務員さん①がそのグロッキーに声かけると今までのがウソのように普通に目を覚まして
外に出て行ったんだけど…私ホント首突っ込まなきゃよかったんだけどさ
この状態で外に出て向かうのはトイレじゃんね?乗務員さん①はおっちゃんだから中までは付き添えないじゃん?
ホント首突っ込まなきゃよかったんだけど、一人でトイレ行かせたら危ないから付き添いに行ったんですよ。
その時乗務員さん①に「水を用意してください」って頼んで。脱水症状っぽかったから。

トイレに行ったら少し楽になったのかグロッキーも意識ははっきりしているようで
洗面台で手を洗ったり口ゆすいだりはしていたんだけど、洗面台に手を突いてたったままで微動だにしなくてさ
「座ったりしなくていいのか?」って聞いたらいいですって返ってきたから、体制を変えるのもしんどいって
もうなんていうかその人はジ・エンド的なところまで来てたみたいなんだよね。

「着替えがカバンに入っているので着替えたい」とグロッキーが言い出して、
でもこのまま置いて荷物取りにいくのもなぁと困っていたら、
最初に隣にいて席を前に移った子が心配してくれてきてくれてね。
このお嬢ちゃんたぶんすごい若い子なのにとてもいい子だった!!
お嬢ちゃんに頼んでカバン持ってきてもらってるときに水を頼んだ乗務員さん①が来たんだけどさ

持ってきたのは空の紙コップのみ

私自販機の水買えって意味で言ったんだけどな。
とりあえず戻ってきたお嬢ちゃんに介抱役を変わってもらって
いったんバスに戻って財布取って私が水を買ったよ。

自販機で水買ってると乗務員①が「何で水買うの?さっき水渡したでしょ」って言い出して、
って水なんか入ってなかったじゃん。
「嘔吐した後だから脱水症状起こします」って言ったら
「あんまり水飲ませるとまた吐くから…」と文句言い出してさ。
つか、乗務員①&②は始終面倒事だっていう顔してて、その気持ちもわかるけど非常にむかついた。
不愉快だった。
お嬢ちゃんもその乗務員①&②が文句いってるとこ聞いたらしい。
まぁ、お嬢ちゃんから聞いたらこのグロッキーな女性は乗車した時すでに泥酔状態だったらしくてね。
この女性も女性なんだけれどもな。バスに乗る前にそこまで飲むかよ普通。

でもそんなこと言ってる場合じゃなくて、とにかくしんどそうでね。
もうこの時点でバス乗れないのに乗務員①がさっさと乗れって急かすもんだからさ、
というかこの乗務員もうこの女性に降りて欲しい的な感じでウソいってたりもして
いっそうムカついた。
とりあえずバスに乗り込んだら乗務員はもう彼女をどこかで降ろす気満々で
荷物とか全部前方座席において彼女も前方に移動して。
せっかくお嬢ちゃんが席移ったのに結局またグロッキーな女性が隣に来たもんだから始終介抱し続けるはめに。

少したって予定の休憩場所についたので普通にトイレに行こうと思ったら
グロッキーな女性がちょこんと座って休んでて、スルーするのもあれだから「具合まだ悪いか?」って聞いたら
とにかくひどい吐き気がするらしく、乗務員①に下の荷物開けてもらって
私の常備薬の胃薬と頭痛薬をまとめて飲ませてたら、その間に乗務員②がこの事を本部(?)に電話してて、

乗務員①が私らに「決められた降車場所じゃないと降ろせない規則なんだよ。わかる?今電話で許可貰ってるんだから」
と、さっきまで降ろしたいオーラだったのに今度は途中で降ろせないと言い出したよ。
さらに「乗る前から具合悪いならキャンセルしてもらわないと困る。他の乗客だっているんだし」と。
確かにその通りだけれどもさ。乗務員①は間違ってないけど、
もうこの女性だって、身をもって乗らなきゃよかったって知ったわけだし、もうそれ今更じゃね?

というか、なんで私まで説教されないといけないんだよ。



結局、そのグロッキー女性がご家族に迎えに来てもらえる範囲のSAで降ろしてもらえることになって
ちゃんと降ろしてもらってました。

こんなことが車内にいた半分近くの時間であって、あの、ほんと私も疲労しきってるのにさらに疲労感が…
バスが着いたと思ったら何故か乗務員が私の名前と電話番号を確認してきて
「具合悪かった彼女が是非教えて欲しいって言ったから教えておいたよ。後日電話が行くかも」
とぽっかーんってなるくらいさわやかな笑顔で「色々とありがとう!」と付け足してくれたよ。


何、このグッドエンディング…



というか、それ私の個人情報……



まぁ、連絡きてないけどな!



というかどりらい見たんだっけ?私??的にの余韻が全くなくなってました。



首を突っ込んだ私もアレだけど…乗務員も元はと言えばすでに泥酔状態で乗り込んできた女性もなぁ…



なんというか疲れた。




公演の感想はまた後で。
書きたいことは向こうにメモッてるから切り貼りしてなんとか…。
▲TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。